資格の活かし方①

宅建,年収

不動産業の平均年収は約500万円です。
そして、宅建主任者は資格手当として「+α」が期待できるのはもとより、資格の活かし方次第では、約500万円の年収を大幅にアップさせることもできます。
ここでは、宅建主任者の年収をアップさせるための方法について見ていきたいと思います。
 
宅建主任者は、資格を活かして、金融業界で働くことや、コンサルタント業として独立・開業することもできますが、活躍のベースとなるのはやはり不動産業界です。
特に不動産業界の経験を浅くして宅建資格を取得した人は、まずはそこでしっかりと経験を積む必要があるでしょう。
 
宅建資格を取得したなら、まずはその事実を大いにアピールしたいものです。
 
最近は、社内に資格手当制度を設けている会社も少なくありません。
その大きな目的は、社員の自己学習・啓発を促すことにあるわけですが、宅建資格が日々の業務に直結する不動産会社などでは、宅建資格取得に対して、通常よりも多額の資格手当が付くことも珍しくありませんし、合格祝金が別途支給されるケースなどもあります。
 
資格手当は、5千円から3万円が相場とされていますが、これらが毎月付加されるのですから、年収ベースで考えると、けっこうな額になります。
これから宅建資格の取得を目指す受験生は、あらかじめ自社の資格制度を確認した上で、年収アップを、受験勉強のモチベーションにするというのもひとつの手かもしれません。
 
もちろん、不動産会社に勤めていなくても、宅建資格を活かして年収アップを狙う道はいろいろあります。
たとえば、もしあなたが建設会社にお勤めなら、デベロッパーとして建設用地の確保に携わることで、宅建資格を活かすことができます。
 
もしあなたがチェーン展開している小売業にお勤めなら、事業拡大に欠かせない物件管理に、宅建資格を活かすことができるでしょう。
宅建資格を取得したからと言って、無理に不動産業に転職する必要はありません。
むしろ、転職することによって基本給が下がり、結果的に年収がダウンしてしまうケースも考えられます。
不動産を扱う宅建という資格は、みなさんが思っている以上に汎用性の高い資格ですので、それぞれの業種の、さまざまな場面で活用することができるはずです。
言うなれば、宅建資格を持っていること自体が、年収アップを目指す上で強い味方となるのです。

 



>>稼いでいる宅建士の実務をご紹介中!