宅建士の年収 ~女性の場合~

宅建,年収,女性

 

年収は控えめでも、自分のペースでキャリアを磨くことができます

 

さて、前ページでは「不動産取引業の年収は平均で約530万円、不動産賃貸業・管理業の年収は平均で約490万円」とご紹介しましたが、そもそもこの平均年収は男女を問わず目安となる指標なのでしょうか?

 

残念ながら、同じように「宅建資格」を活かした働き方をしていても、年収としては女性が男性に劣ってしまう例は多々あるようです。
ですが、このことについては「女性だから稼げない」のではなく、「そもそも女性が高額年収を目指していない」とも受け取ることができます。

 

宅建士の年収は女性の場合、実際のところどのような状況なのでしょうか?
その真相に迫りたいと思います。
 
 

女性で宅建士資格を得ること、その目的とは?

 

最近では、女性で宅建士試験に挑戦する方がぐんと増えてきました。
一体どんな方々が受験するのかといえば、ふたを開けてみれば受験生の多くは「キャリアにブランクのある主婦」なんだとか。

 

女性の場合、結婚や出産、子育てというライフイベントの中で、どうしても以前のキャリアを諦めざるを得ないこともあります。
そこで、「宅建士」という資格を取得することで就職に有利になるようにし、新たなキャリアの一歩を踏み出そうという方は多くいらっしゃるようです。

 

女性にとって、職業生活最大のテーマといえば「両立」。
子供を産めば子育てとの両立、その後も家族のサポートや介護のために、常に仕事と家庭生活の両立が求められます。
これは何も“女性だからしなければならないこと”ではないのですが、日本においてはまだまだ「男性はバリバリ働き、女性は家を護る」といった傾向が主流となっています。
当の女性達の意識としても、やはり「仕事を第一には出来ないな」という潜在的な思考は未だ根付いているのではないでしょうか?

 

よって、宅建士の年収、特に女性の場合を考える上では、統計として公表されている宅建士の平均年収は当てはまらないケースがほとんどです。
ちなみに、それぞれに働き方や仕事へのスタンスが異なる以上、“女性宅建士の平均年収”等というデータは存在しませんし、こういった数字にこだわることも意味のないことであると言えそうです。

 

女性にとって宅建士資格は、年収増のためにあるものではないでしょう。
あくまで「再就職のバックアップ」「手に職」「やりがいのあるフィールドで挑戦するきっかけ」であるに過ぎないのではないでしょうか?

 
 



>>稼いでいる宅建士の実務をご紹介中!