宅建の勉強法の成否は、過去問が決める!? 

宅建,過去問

宅建の勉強がはじまったら、最後まで投げ出さないでやりぬくことが大事ですね。
もっとも、やる気があるだけでは受かるとは言えないことにも、気づかないといけません。
やる気は、宅建の受験では本当に大事ですが、ただがむしゃらに勉強していれば受かるわけではないからです。勉強法に不合理な点があったら、以下に熱心にテキストを読みまくっていても、受からなくなります。

宅建の勉強法で大事なことに、過去問の活用があります。資格の勉強をした経験がないと、なんとなくテキストばかりに気を取られてしまうのですが、過去問は資格の勉強ではとても大事です。宅建もその後多分に漏れず……ですね。

宅建の場合、読みにくい法令がたくさん出てきます。それを解読するだけでも難儀ですが、過去問には多くのメリットがあります(ここでは、特に大事なメリットを重点的に説明することにします)。

・テキストを読み進めるときに、立ち往生しないようにしてくれる
テキストをどんどん読もうと思っても、なかなかたいへんです。わかりやすくつくられたテキストでも、なかなか理解できないパートが出てくるもの。そんなときに、その部分を過去問で探して解いてみるとどうなるでしょう? うまく解けないのは当然ですが、答え合わせをして解説を読み、さらにテキストに戻って読むと、いくぶん理解が進むことがよくあるのです。

・問題を解く練習になり、実践的な解答力が強化される
テキストや六法、DVDやCD等の内容を理解できるようになることは大切ですが、それだけではいけません。試験を迎えたとき、問題を素早く解答していかないと合格はできないからです。残念なことに、問題量のわりに試験時間は短いため、考えながら解く時間はないのです。そこで、普段から問題をよく解く機会を増やして、上手に解答を繰り返していける技術を身に着ける必要があるのです。これは予想問題集でもできることですが、なんといっても過去問にまず求めたい要素です。過去問を勉強の最初から使うことで、最初から問題を解く練習を少しずつ積んでいけますし、過去問をやる割合を増やしていくことで、練習量少しずつ増えていくことになるのです。

「教材」というと、ついテキストにばかり視線が集中してしまいますが、宅建では過去問に視線を浴びせることも大事なのです。




>>稼いでいる宅建士の実務をご紹介中!